みんなが想う夏季というスタンス。海、花火、イベント。

現在年も夏場がやってきます。たび年、夏場の楽しみは小旅、伊東へのトラベルと熱海の海上花火フェスティバルだ。静岡市在住の自身は、東静岡ターミナルから東海道線を使って行きます。
まずは夏場の幕開けとして、伊東市川奈の小旅だ。伊豆唐突線で川奈まで赴き、ターミナルを降ります。後は歩いてで海岸まで坂を下りて行きます。ここは浜ではなく、岩場の海岸だ。水が濁ることなく、海に入ってみると、魚が泳いでいるのが良く見える。遠くには灯台が思え、随時、白い小舟が通り過ぎて行きます。なんとなく日本の海岸線ではないような景観だ。しばらく海を眺めて、次の現地へ向かいます。一旦、ターミナルに向かって坂を登って行くので、暑くて汗だくになる。でもこれこそ夏場という感じです。次の現地は一碧湖だ。暑いしている時、停車駅まで歩いていきます。湯船に跨ると冷房で気持ちがいいだ。一碧湖にたどり着く頃には昼過ぎ4タイミングをまわっていますが、日光は沈むことなく、太陽光はきついです。ここは日暮れタイミングが素晴らしいです。たび年、ここに来たくて旅を計画して掛かるようなものです。
夏場のおわりは、熱海の海上花火フェスティバルだ。同じく東海道線で熱海まで向かいます。前が海、三方を山々で囲まれ、音声は優。最後の夏場を惜しむかのように、盛大に花火が打ち上げられます。これが終わると夏場も終わってしまうなぁと少し寂しさ感じます。
現在年はビデオカメラも買ったので、おもう存分、撮ってこようと思っています。闇金を解決するにはどうしたらいいのか?

やっぱり海と言えば夏季っていう直感ですよね

夏は、アクティブになりませんか。自分は、キーを聞きながら海に出掛けたくなります。お天道様が近くでサンサンと降り注ぐ中、ビールを注文して呑みながらの海辺散策、そして海辺を見極める時間は自分にとって大切な暇のシチュエーションになります。昼前の日の出を眺めるのも、夕日が沈んで出向くタイミングに海で遊ぶのも楽しいですね。ギラギラのお天道様の中、泳ぐのも良いですが、昼前や夕方の気持ち良い時間に泳ぐのも大好きです。お子さんと一緒に砂遊びでも楽しめます。いっぱいの貝殻を探して、綺麗なものをまとめるのも大好きです。大好きな貝殻を集めて、オブジェを創るのも明るいだ。海の中には素敵なお魚君もいっぱいいますよね。小さくて綺麗なお魚君のカテゴリーを見つけたときの気合はマックスになります。水族館の中で見分けるようなお魚をいっぱい探しに出向くのも夏季の歓びのひとつです。やっぱり海は頂点って当てはまる際際だ。いつまでもこうやって夏季を満喫していきたいといつも思っています。昨今年も、海へ立ち寄るための水着や色眼鏡、ラッシュプロテクトに海辺サンダルを探し中だ。もちろん、日焼け止めも忘れられません。津々浦々は海に囲まれているので、おんなじ海でも違う実情を楽しむ事ができると思います。昨今年もスタンバイに待った夏季がやってきました。出会い系アプリを使ってみました!

そうです!大好きな祖母のわが家へ帰って喜ばせてあげよう

自分は近年都内にいるのだが、夏は決まって新潟に起こる祖母の自宅に出向く。特にはすることがないが、慣習となっている結果目下年も返るのだ。里は都内と変わり風情が上手く、自然に満ち溢れていらっしゃる。そのため、祖母が育てて要る野菜は格別に美味しく、農業の救援を講じる。これがまた普段からアクションに欠ける自分にとって労役です。しかし、働いた分だけに楽しめるごはんというものは、いつもの何ダブルも美味しく見える。お盆の陽気に舞い戻るのだが、この時期はいとこや叔母さんなどが集まる。年に数数少ない機会とあってか、会話が弾み、止まらないことだろう。みんなが集まってやることといえば花火です。様々で講じる花火はまるで巨大なお花のようにきらびやかでおもしろいものだ。夏場といえばおイベントを忘れてはいけない。祖母の家の近くでは盆踊りをやる。自分は舞踏が得意ではないので見ているだけだが、代わりに当たりフェスティバルに参加やる。しかし未だに景品が当たったことはなく、いとこばっかり毎年当てているのだ。おもしろい期間こそあっという間に過ぎ去って出向くものである。目下年の夏はどんなことが起こり、如何なる遭遇があるかはわからない。そういう夏場が今から楽しみである。去年よりも有意義に。そして面白い土産創造が行えることを願ってある。アイリーバストアップリフターで理想のサイズになりました!

梅雨時期にぴったり!雨にまつわる映画3選

もうすぐ梅雨、外に出るのが億劫になる季節です。
そんな時は、おうちでゆっくり映画鑑賞はいかがですか。
梅雨時期にぴったりの、雨にまつわる映画を3作品ご紹介します。

1.「言の葉の庭」監督:新海 誠

「秒速5センチメートル」でお馴染み、新海誠監督の作品です。
絵が幻想的的で、水のきらめきや新緑の美しさがよく描写されています。
高校生と先生の恋愛と聞くと、一見禁断の恋のように思えますが、この作品はそれには当てはまりません。
靴を通して仲を深めていく2人の恋模様は、微笑ましくほっこりできます。

2.「いま、会いに行きます」監督:土井 裕泰

雨の季節に、亡くなった妻が帰ってくるお話。
記憶をなくした妻と、子供と、3人で仲良く暮らします。
自転車に乗るシーンは思わず微笑んでしまいます。
終盤は、号泣必至。
鬱陶しいはずの雨が、少し愛おしくなります。

3.「七人の侍」監督:黒澤 明

これまでとは少し作風を変えて、黒澤明さんの名作をご紹介します。
モノクロで雨を表現するのは、とても難しいです。
黒澤さんは、水に墨汁を混ぜて、雨を表現しました。
こだわり抜かれた映像はもちろんのこと、七人の侍それぞれの個性が光るストーリーに、始終釘付けになってしまいます。
男がアイプチする

初めてのデートで先に酔っちゃった彼

初めてのデート。平日の昼間、ガラガラの映画館の指定席ど真ん中で、デートの雰囲気をとても盛り上げるとは思えない戦争映画を見ました。夕食は台湾料理を食べに行って、生ビールと温めた紹興酒を片手に手づかみで食べるシジミ。それからオーセンティックなカウンターバーへ…。
出会って2回目、初めての二人きりデートでした。ゴージャスでもロマンチックでもないセッティングでしたが、余計な緊張を強いられることもなく楽しく会話がはずみました。
彼はとても紳士的で、どちらかというと会話は聞き役にまわり、私は多少アルコールが入っていることもあって少し饒舌になっていました。
私はギムレットとか強めのショートカクテルが好みで、4~5杯は飲んだでしょうか。彼も同じペースでおかわりをしていたと思います。そして、「ちょっと酔ったかな?」なと思いながらお手洗いに席を立ち、「そろそろ終電も近いかな…」と思いながら席に戻ってみると彼がいません。お手洗いに行ったのかなと、気にもしないでそのままカウンターでしばらく飲んでいました。それにしても、初デートの相手を放っておいて、あまりにも遅いなぁと思っていたら、バーテンダーさんが「お連れ様でしたら先ほどお会計を済ませてお帰りになりました」と…。
はぁっ?黙って置いてかれたの?なんてやつなんだ。というか私が飲み過ぎ?「ごちそうさま」も「今夜は楽しかった」も「さよなら」も言えないまま、相手が帰ったのも気がつかないでしばらく一人で飲んでた間抜けなワタシ。
せっかく楽しい一日だったのになんだかイヤな気分で帰宅しました。
自分も酔ってたのを棚にあげておいて、さよならも言わずに勝手に先に帰るなんてずいぶん失礼な人だなと思いました。でも数日後にその彼から電話があり、普段はあまり飲まないのに私にペースを合わせて飲んだら先に潰れそうなったので、みっともないところを見せたくなくてあわてて帰ったのだということがわかりました。真相のほどはわかりませんが、後になって考えてみるとあれは彼の作戦だったのかもしれないと思います。電話をもらうまでの数日間、あれやこれや理由を思いめぐらして結果的には彼のことばかり考えていたので。
その彼とは今でも仲良く付き合っています。
ペアーズで結婚しました